白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテのごとく 384話
今週は巻頭カラーです。今回のお話の見所はナギの最後の友人が明らかになる事ですね。
ネタバレに注意してあらすじどうぞ。




ルカはハヤテが執事をやる理由は借金である為、ハヤテと付き合う為に彼の借金を引き受けると豪語しました。ハヤテは困惑しますが、ルカはハヤテが好きだから、平気と返しました。



一方、ナギは三千院帝から、マリアがいなくなり、ハヤテが借金を返し終え、執事を辞めたら、どうするのかを聞かれました。そして、1人になった時に三千院の遺産が必要と未だにナギに相続させたい事を示唆する発言をしました。マリアはそんなナギをカイコと例えました。その時、咲夜からハヤテとルカが伊澄に山小屋に置き去りにされたとナギに連絡が入りました。ナギはすぐに山小屋に向かいました。




ハヤテは山小屋の外に出ていました。するとそこに、ナギが現れました。ハヤテは三千院帝の様子を聞きました。そして、遺産を継がせる気が未だにあるような事を言った事を聞くとハヤテは遺産は誰が継ぐのかナギに聞きました。すると、ナギは三千院帝の妹の娘である初柴ヒスイが遺産を継ぐ事になるだろうと言いました。ハヤテは思いました。マリアがいなくなり、自分も借金を返し終え、ナギが成長し、恋人が出来たら、どうなるか、もし、そうでなかったらと考えました。すると、ハヤテはナギに1人でも生きて行けるかと言いました。



今までハヤテは借金を返し終えた後の事を考えてなかった事が伺えます。ナギもマリアとハヤテがいなくなった後の事を考えてなかったですね。ナギの最後の友人が明らかになりましたね。以前にもワタルと咲夜の口から何気なく出ていましたが、今回ようやく名前が明らかになりました。ヒスイはいつ出てくるのか、気になりますね。今回の話はハヤテとナギの関係に一石を投じるという意味で重要なエピソードと言えます。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。