白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテのごとく   383話
休載が明け、今週も遅めですが、簡単にあらすじどうぞ。ネタバレ注意で。




 ルカとキスをしてしまったハヤテはアーたん以外とキスした事なかったなぁと思いつつもその事をイメージの中で天王洲アテネに皮肉られました。ルカはハヤテがファーストキスと言った直後、吐血しました。



 一方、ナギは三千院帝の所にいました。命に別状はなかったようです。遺産の問題が片づくまで死ねないと言いつつも、ゆかりんのライブとニューシングルを気にかけていたようです(というか遺産よりもそっちが本命みたいですね。)。


 伊澄達は虹の里を探しに行きましたが、なぜかムラサキノヤカタに戻ってきました。万策尽きた千桜は咲夜に電話しました。すると、なんと虹の里は八王子にある温泉施設である事が判明しました。千桜はハヤテ達は心配ないと言いましたが、西沢歩は肉体的な意味で心配していました。


 その頃、ルカはハヤテに告白の返事を求めました。ハヤテは「二次元にしか興味がない」と誤魔化しましたがルカには通用しませんでした。ようやく本音で語りました。すると、自分は執事で守らなくてはならない女の子がいるから、誰かと付き合う事が出来ないと言いました。そこでルカは執事でなければ、いいと言いました。




今まで人を好きになる事から逃げ続けてきたハヤテもついに年貢の納め時に差し掛かったようですね。ハヤテとしてはできる事ならアーたんと結ばれたかったというのがあるかもしれませんね。それが叶わないのなら、一生誰とも付き合わないと仮に思ったとしても不思議ではなさそうです。もう一つの可能性として、(無意識に)ナギの事が好きなのかもしれません。事実、伊澄からも見抜かれていますし、ナギだけは「少し特別」と言ってますので、ハヤテはおそらく、ナギへの好意を忠誠心に転嫁しているのかもしれません。アーたんの二の舞を繰り返したくないという恐怖心からそういう行動に繋がったのは想像に難くありません。話は外れますが、後腐れなく初恋に決着をつけ、一番近くで自分を見つめてくれる人と未来を作ると決意したワタルはある意味、ハヤテのハッピーエンド版に近いと言えますね。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
休載が明け、今週も遅めですが、簡単にあらすじどうぞ。ネタバレ注意で。
2012/11/16(金) 12:50:42 | まっとめBLOG速報
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。