白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズトライ 第24話「ファイナル・バースト」
終わってから相当時間が経って感想描くのもおかしい気がしますが。とりあえず終わらせておきたいので書きます。




 修理装置持ちであるGポータントが存分に力を発揮しましたね。アドウが古傷を押してまでバトルに参加したのは、ファイターとしての矜持だというのは想像に難くありません。キジマ・ウィルフリットでさえ「私も同じことをした」言うほどですからね。ユウマはアドウに憎悪を抱いてるって感じだったのに、急にそれがアドウと戦えた喜びに昇華されてるのは解せないですね。事前説明がないので、唐突に感じます。ユウマがトライファイターズの3体のガンプラにどんな手を加えていたかというと、延長戦を想定したポリキャップの統一でした。ガンプラ学園のガンプラはハイスペックなものの、ポリキャップが統一されてないのが災いし、バランスを欠いてしまったのが敗因でしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。