白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンギンガS   最終話「命を懸けた戦い」
ギンガSの最終回です。意外な連中も出てきます。




 出てこないかなあと思ってたら、ほんの少しだけ健太が出てきましたね。千草も描写から察するにご当地アイドルのようですね。バルキー星人、イカルス星人、ナックル星人グレイ、ゼットン星人ベルメがダークルギエル特戦隊として再登場って、ギニュー特戦隊みたいなネーミングはどうかと思います(笑)ボルストはともかくマグマ星人とムエルテが出てないのはなぜでしょうか。念動力があるとはいえ、ヒヨリはともかくサクヤとレピが意外に強かったのは驚きました。レピのアクションシーンを見てると忍空の風助を連想しますね(笑)カムシンも老いてる割には強いですし。キサラも戦うような感じではなかったのでグレイを瞬殺したのはびっくりです。





 ここでようやくダークルギエルの目的である「全ての生物の時間を止める」という意味が明らかになります。要は生き物をスパークドールズにしてしまえば、死なないという意味ですね。ダークルギエルはギンガの負の心を具現化した存在だという事も明らかになりました。ダークルギエルとギンガの声が同じなのは、実は同一の存在であるという伏線だったんですね。そういえばガンダムOOでいうとミスターブシドーの正体も似たようなパターンでしたね。最後のシーンは劇場版に繋がるんですよね。
スポンサーサイト

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:サブカル

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。