白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテのごとく    380話
遅めですが、今週のハヤテです。あらすじどうぞ。


ルカが川原で佇んでいる所から、始まります。なぜこうなったか、それはマネージャーの電話がきっかけでした。マネージャーによると休養の表向きの理由は病気ですが、それは事実でストレス性の胃炎との事です。何とかするには、ストレスをかけずにリラックスする事でした。ハヤテはルカに体調について、聞きました。するとここ、2,3日、たまに吐血すると言いました。これを聞いたハヤテは焦りながら、ルカを病院に連れて行きました。そして、診断結果は心や体に負担をかけず、落ち着いた場所で安静にしておくことでした。


一方、アパートはヒナギクは剣道部の合宿、カユラは故郷に里帰り。ナギはまんがだけを描ける優雅な夏休みとはしゃいでいました。すると、千桜は心の中で「宿題もあるけどな」と突っ込みました。そこへクラウスから電話が入りました。なんと三千院帝が倒れました。ナギとマリアは様子を見に行く事にしました。ハヤテも行こうとしますが、ナギからルカについていってくれと言いました。そんな中、伊澄が三千院帝の家の近くに鷺ノ宮家発祥の地である虹の里があると言いました。そこに来た一同が見たのはただの山小屋でした。ルカはまんがを描こうとしますが、ハヤテはそれを止めます。小さい頃からがんばって来たので、ここはあえて休む事をルカに提案します。すると、ルカもハヤテが執事を休んだら、休むと言い出しました。




三千院帝が倒れたのはおそらく、新アニメに繋がる何らかの伏線なんじゃないかと思っていたりします。ルカは遊ぶ事も休む事もろくにせずにがんばっていたんですねぇ。ハヤテも同様に自分を押し殺して、他人に尽くしてきました。ハヤテの場合はアーたんに褒められた記憶が胸に強く刻まれたからでしょうね。非道な両親のせいで自分までもが周囲に迫害され、何をやっても認めてもらえなかったので、余計、自分を押し殺して、他人に尽くすのでしょうね。良く言えば、滅私奉公、悪く言えば、自己顕示欲ですね。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。