白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンギンガS   第14話「復活のルギエル」
ビクトルギエルの玩具のCMでネタバレしてただけに衝撃はあまりなかったですね。ウルトラゼロファイトの時と比べるとネタバレの管理がなってないような気がします。




 ボルストの後任のエージェントのゼットン星人ベルメが出てきました。このタイミングで新キャラ出すのはキャラ立てを考えると無理があります。ゼットン星人なので、やっぱりモンスライブするのはゼットンの関連種のハイパーゼットンでした。びっくりしたのは今までゼットンに光線技は打ち返されるので、ゼットンを倒す決め手は光線技以外の場合が多いのに、光線技で倒してた事ですね。ジャックやパワードのように打ち返させないようにしてから光線技を撃つか、ペンシル爆弾やマックスギャラクシーのように、想定外の新兵器や新武器を使って倒すのですが、ギンガストリウムは逆転の発想で超強力な威力を持つコスモミラクル光線で倒しました。もしかしたら、べムスターも光線を吸収しきれずに倒せるのかもしれませんね。



 アリサもついに神山の強硬路線には不満がたまってきましたね。大恩ある人に付くか、平和を取るかの板ばさみになってたのですから。そんな彼女の背中を大きく押したのは陣野たちが突入した事がきっかけですね。ショウもまた地上人の蛮行に対する怒りとヒカルとの友情の板ばさみになりましたが、結局ヒカルと共闘しました。前述したとおり、ビクトルギエルの登場の仕方がやっぱり先にリリースされてた玩具のギミックとほぼ変わらなかったため、あまり驚きはなかったです。ダークルギエルの体育座りでの大気圏突入には笑えました。ビクトリウムキャノンが暴走した時、神山は一転して、毛嫌いしてたウルトラマンに助けを求める姿はまるで自己保身に熱心な官僚みたいで情けなかったです。シャアの言葉を借りるなら、「地球に住む者達は自分達の事しか考えていない」といった感じでしょうか。




 エクセラーがライブベースを制圧しに来た時、意外にも神山たちを殺さなかったですね。普通こういう基地の制圧作戦は敵兵は基本殺すか、殺さなくても身柄の拘束ぐらいするものですので。異星人のエクセラーも人間の浅はかな一面を見て、殺す価値もないと軽蔑の感情すら抱いたのかもしれませんね。宇宙最強の頭脳と自負してるから、なおさらですね。
スポンサーサイト

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:サブカル

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。