白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンギンガS   第13話「分裂!UPG」
ここから、平成ウルトラマン定番の複数のエピソードで最終回の第1話が始まります。



 上層部である国際防衛機構の神山がついに動きました。というか、よく考えたら、UPGも上位組織があるのは、想像できますね。唐突に明らかになったのは、ライブベースが超兵器のビクトリウムキャノンだったことです。確かに基地の建設は回を追うごとに進んでましたけど、ここでその伏線を回収してきましたか。UPGの中で知ってたのは陣野だけな辺り、情報管理も厳重だったのでしょう。地球防衛をウルトラマンに任せたくないという人間がやっぱりいることはこれまでのシリーズにも見られましたが、ウルトラ警備隊のキリヤマ隊長やUGMのオオヤマキャップのようにウルトラマンに甘えないという思いからくるものだったり、TPCのゴンドウ参謀のように、ウルトラマンに偏見や対抗意識を抱いてるのが理由だったりするのですが、神山の場合は後者ですね。UPG(国際防衛機構)には神山のような典型的なタカ派の影響力が強いのではないかと考えられます。陣野は穏健派の派閥に属してるなんて事情もいろいろと妄想できますね。




 後がないボルストはバードンでビクトリーに挑むも敗北し、業を煮やしたエクセラーはボルストのチブルサーキットの真の力を発動させて、ギンガに差し向けました。追放された陣野達は一条寺友也の奇策でUPGの装備を取り戻し、出動しました。ギンガがボルストとの交戦中、ボルストに向けて、30%の出力でビクトリウムキャノンを撃ちました。30%でボルストを倒し、辺りを焦土と化し、ギンガストリウムがバリアを張らなければならないほどの威力を見ると100%はガンダムXで言う所のサテライトキャノン並みの威力になりそうですね。兵器とか軍人とかの要素が出てくると、ガンダムっぽいですね。さすがバンダイといった所でしょうか(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:サブカル

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。