白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズトライ 第5話「憧れと挑戦を胸に」
今回からラルの声が変わりましたね。仕方ない事情があるのは、分かってますし、前から分かってたんですが、私の知ってるラルがいなくなったような気がします。



 セカイは自分がガンプラに合わせられるようになるための特訓とどこでも次元覇王流を使える練習をプールでしました。弟の為にプールを貸切に出来る辺り、ミライ恐るべしです(笑)両親は死去してて、セカイだけが大切なたった1人の家族なので、弟のしたいことを全力で見守ることしか出来ないと悟ったと言えるでしょう。あと、ミライ、セカイとフミナをくっつける気満々ですね。ユウマもライトニングガンダムのパワーアップに勤しみ、フミナも新ガンプラの製作に余念がありません。この時点で3人で戦ってるって感じがしていいですね。フミナがガンプラバトルにこだわる理由が幼少時に見た女ファイターに憧れたからだと明らかになりました。サカイは百万式をどこかのチームに依頼で作って・・・・って、サカイの機体じゃないんですか!!



 地区予選の日、セカイはギャン子に連れられて、会場に来ました。この事にフミナがやたら騒いでる(ギャン子曰くヤキモチ)ので、無意識にセカイに恋愛感情があったりして。水泳部なのに選手権に、しかも、水中専用の機体だけで構成されてるため、宇宙マップでは、どうするつもりだとユウマから、心配?されてました。ユウマは新装備のライトニングバックウエポンシステムで機動力をアップしてきました。ここでついにフミナの新機体のウイニングガンダムが登場しました。セカイも特訓の成果を発揮し、プラフスキー粒子で足場を作り、宇宙でも次元覇王流を使えるようになりました。万年1回戦負けの聖鳳のガンプラバトル部が1回戦を突破しました。その一方、フミナの憧れの女ファイターがトライファイターズの試合を見て、不敵な笑みを浮かべました。もしかすると、ユウマにトラウマを植えつけたサガも彼女の仲間かもしれませんね。サカイはガンプラバトルを辞めたはずのユウマが再びガンプラバトルをやってる事に怒りを露わにしますが、何があったんでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ:ガンダムビルドファイターズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ガンダムビルドファイターズトライの第5話を見ました。 第5話 憧れと挑戦を胸に ――セカイくんは特訓を続けている。ユウくんは自分のガンプラを完成させた。私達が、トライファイターズが勝ち進んでいけばいつか出会えるのかな…?あの人に 西東京予選大会に向けてセカイは特訓を重ね、ユウマ、フミナも大会に向けた自分のガンプラを完成させる。 そして迎えた大会一回戦は抽選の結果、第三...
2014/11/06(木) 06:07:12 | MAGI☆の日記
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。