白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズトライ 第4話「Gミューズ」
今回はガンプラバトルよりも人間ドラマに比重が割かれてますね。SDガンダムが映像作品でここまで活躍するのは何年ぶりでしょうかね。Gミューズというのは、現実で言う所のガンダムフロント東京のようですね。ガンダムフロント東京をまんま使うのは何か問題があるのでしょうか。




 セカイはラルとの特訓で自身の拳法は地上以外では生かせない事をラルから指摘されてしまいます。フミナは中距離戦の万能型に適したガンプラを探すため、セカイと一緒にGミューズに行きましたが、セカイを誘う時、フミナはデートって言葉を使ったのは特に考えもなく冗談で言ったのでしょうね。セカイと出会って、日が浅いので、恋愛感情があるとは思えませんからね。セイはガンプラ馬鹿ですが、まだ恋愛には関心があった方でした。しかし、セカイはデートの意味すらも分からず、姉を驚愕させるほど、恋愛には無頓着でしたね。修行のやりすぎでしょうね。ミライは勘違いでアタフタし過ぎです(笑)



 ミライはその場をごまかす為、ユウマをお茶に誘っただけなのに、ユウマ本人はデレデレしてるのが、なんとも滑稽ですね(笑)そういえば、セカイはガンプラを作るのはこれが初めてですね。ゴッド丸をチョイスするのは、演者が格闘戦用のゴッドガンダムだからですかね。スタッフもシャレが効いてますね。サカイが乱入して、セカイに戦いを挑みます。サカイはレジェンドBBでは次元覇王流は生かせないと指摘し、セカイはサカイに敗北します。これをきっかけにセカイはガンプラに打ち込むことを改めて決意しますが、その直後の子供達のセカイとフミナへの冷やかしに全てを持っていかれました(笑)ユウマはミライとのお茶の最中に飾れてるMGのクインマンサの横のマークを見て、ガンプラ心行流のサカイ・ミナトが作ったものだと、気づくのですが、もしかしてサカイは、マオの兄弟子か何かの可能性が浮上してくるのですが、後半になったら、その辺りが明かされるかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:ガンダムビルドファイターズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。