白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテのごとく        469話
「今週の」ではなく「先週の」になりますが、今週は休載なので、ゆっくりめにやります。



ネタバレ注意でどうぞ。




 マリアは拾われたのではなく、三千院帝が今や誰も読めないフリギア語を読める人間に育てる為に探したという設定でした。あまりにも唐突ですね。でも、アーたんがフリギア語を読めるということが判明したので、宙ぶらりんになったというのは、体のいい言い訳にしか見えませんね。23巻の扉絵の雪路が質屋でギターを売る場面でアーたんがハヤテに送った指輪を見つけるシーンがあったのですが、今回で回収できましたね。アーたんの指輪も王玉であることが示唆されているのですが、これは物語の終盤に鍵を握りそうですね。王玉がナギの部屋に2つあったことが最近になって、明らかになったのですが、もっと早くその事に気づいていれば、ナギが追放されることもなかったでしょうに・・・・・・・・・・・


 今回重要なのは、ナギママが幼い頃、姫神葵と何かを約束していたみたいですが、時系列で言えば、この時、ハヤテとナギとアーたんが生まれる前なので、この時点でハヤテの運命の歯車はすでに動いていたということでしょうかね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。