白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S.H.Figuarts 仮面ライダー響鬼

 遅くなりましたが、フィギュアーツの響鬼です。普通のフィギュアーツではなく、いきなり、真骨彫でリリースされた事に驚きました。同梱のコンパクトブックの記述をかいつまんで言うと、今までフィギュアーツで出たことない響鬼を出すに当たって、出した答えが本物を作るというコンセプトになったそうです。それがいきなり真骨彫でリリースする理由だと気づきました。もしかすると、ノーマルキバも真骨彫で出るんですかね。

 響鬼は元々仮面ライダーではない作品として企画されてた所をバンダイの鶴の一声で仮面ライダーになったり、物語後半でスタッフが変わったり、それに伴い、作品のコンセプトも変わったりするなど挙げるとキリがないくらいのゴタゴタぶりが印象に残ったりする作品ですが、フィギュアーツの響鬼シリーズはそんな事にはならないで欲しいなぁと思ったりします(笑)




P1000960.jpg
 素立ちです。原作の着ぐるみではマジョーラカラーで塗装されてましたが、コンパクトブックによるとフィギュアーツでは、独自のメタリックパープルを使い、仕上げに濃淡をつけることで再現しているそうです。本当にマジョーラカラーを使うと値段が上がってしまうからこうなったんでしょうね。



P1000973.jpg
龍騎系、ブレイド系、鎧武系とも違う、独特の股関節の構造ですね。

P1000964.jpg
「鍛えてますから」を再現してみました。

P1000980.jpg
ベルトの音撃鼓は取れますが、大きい音撃鼓がないのに、こんなギミックあってもなぁと感じます。

P1000970.jpg
音撃棒の収納形態です。塗装を工夫してあるため、革の部分がまるで本物の革のように思えてしまいます。

P1000967.jpg
変身夜叉は小さいながらも、クオリティが高いです。

P1000966.jpg
ディスクアニマルも付いてます。変形後のディスクアニマルがないのは、惜しかったです。

P1000971.jpg
音撃棒を持たせました。肩甲骨にある新しい可動機構のおかげで音撃棒を振り回すポーズが決まってます。

P1000974.jpg
先端を差し替えて、炎が出てる状態にも出来ます。

P1000975.jpg
真骨彫第1弾のカブトと並べました。


 今回は新たな可動機構が採用されているなど、今回は意欲作だと感じさせるものがありました。一方で手首の構造はカブトで採用されたfigma式ではなく、旧来のものになってるなど、退化も見られます。どちらもメリット、デメリットがあるのでどちらの手首の構造がいいかは一概には言えませんが。響鬼紅と装甲響鬼も楽しみですね。私は後者しか買わないと思いますけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。