白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンギンガS   第5話「仲間と悪魔」
今回はゴウキがある意味主人公ですね。あとヤプール、また出てくるんですか。Aファンの私にとっては嬉しいのですが、何度出てきたら、気が済むんですかね。

 ワンゼロは前回のミスで退場したと思ったんですが、特にそんな事もなかったですね。メビウス同様、ここでも超獣は怪獣よりも強いと言ってますが、その設定って、半分死設定になってるような。超獣はスパークドールズの状態でもヤプールが潜んでたんですね。ヤプールの関係のある超獣にはヤプールの怨念がこもっているという事でしょうか。今まで疑問に思ってたバキシムの手のバルカン砲の砲口は撃つ時に穴が開くという新設定が明らかになりましたね。もう一つは、Aの終盤での女ヤプールやTV版メビウスの終盤での黒ずくめの男の姿のように、人間そのものの姿になった事はあったものの、巨大ヤプールの姿でセブンみたいに人間大の大きさにもなれるというのも、新設定ですかね。超獣が出てくる描写はAとメビウスでは空が窓ガラスのように割れてますが、今回はワームホールかなんかみたいに穴が開いた描写になってましたね。



 ヤプールはゴウキを操って、UPG基地に破壊工作を仕掛け、人間の抵抗する力を削ぎ、ギンガとビクトリーを超獣で撃破するつもりだったのでしょうね。Aの時はバキシムでTAC基地を直接攻撃しましたが、今回は基地を動き回ってもあまり怪しまれない人間に憑依して、破壊工作を行うのは、あまり目立たないという観点から理に適ってると言えますね。メトロン星人Jrの作戦からヒントを得たんでしょうね。ゴウキが思いもよらぬ活躍と見せ場がありましたね。ヤプールに操られても踏みとどまる精神力がすごかったです。急患を運ぶ為とはいえ、あんな状態で運転とか、ありえないです。というか、現実にやると、免許取り消しとかになりそうですね。やっぱり、巨大ヤプールのとどめはメタリウム光線でしたか。Aのオマージュでしょうか。それなら、断末魔のひとつでも言って欲しかったですね。これは再登場フラグですかね。
スポンサーサイト

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:サブカル

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。