白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテのごとく        442話
今回は畑先生が「ハヤテのごとくの前」の解説で言っていたお蔵入りになった、ライフセイバーズの幻の6話に当たる部分が描かれます。




ネタバレ注意でどうぞ





 エイトの攻撃でイクサは死んだかと思われましたが、倒れていたのは虎鉄でした。どんだけハヤテラブですか。イクサも虎鉄を身代わりに使ってたようにも見えるけど、それを裏付ける描写はありません。イクサはエイトを完膚なきまで叩きのめすものの、頭だけ残して生き延びていました。まあロボットもある意味、生き物と言えないわけじゃないですけど。牧村も住民票のないロボットが婚姻届を出せないという根本的な理由でばっさり切り捨てるのですが、こんなの少し考えたらわかるような・・・・・・・・・




 エイトへの想いを見る限り、牧村は人間の男と結婚する気がないのでしょうね。ナギが現われ、ハヤテはイクサに弟だと言いますが、イクサは弟はいないと否定します。この辺りから、ライフセイバーズの幻の6話と7話に入りそうです。「ハヤテのごとくの前」のライフセイバーズの解説によると幻の6話と7話の内容は「ある日、大和の弟と名乗る少年(ハヤテ)が現れ、大和が実は記憶喪失であるということが分かるというお話です。大和を連れ戻そうとする少年(ハヤテ)とそれを拒む大和。そして、大和の弟を名乗る少年(ハヤテ)と連れの少女(ナギ)に迫る最大のピンチ!果たして大和は少年(ハヤテ)達を救えるのか?という感じのお話」と書かれてますので、もしかすると、ほぼ初期の構想どおり、描くのでしょうかね。同解説では続けてこう書かれています「ライフセイバーズというタイトルではもう読むことはできなくなりましたが、物語の続きはいつかどこかで、ちょっと違う形で読める日がくるかもしれません。なのでその時をお楽しみにしておいてもらえるとありがたいです☆」とも言ってますので、もうすぐ実現すると思うと結構感慨深いものを感じます。ハヤテのごとく10周年記念を盛り上げる為の計画の一環でしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。