白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズ  第21話「きらめく粒子の中で」
後半の辺りはぶっ飛んでると感じました。




 フェリーニはレイジがアイラへの恨みという理由を無理矢理作らないとアイラと戦えない事を指摘します。まあ、そう簡単に親しい人を恨めないのでしょうね。だから、戦うだけの理由を無理矢理作ったと。キララはレイジとの殴り合いで怪我をしたフェリーニの手当てをしてるのを見て、週刊誌からスッパ抜かれるんじゃないのかと思いました。この時点でキララはあんまり有名じゃないから、まだ大丈夫でしょうけど。




 アイラの過去が語られましたが、要するに身寄りの無い所をアイラのプラフスキー粒子の流れによる未来予知の能力を見出されて、フラナ機関に引き取られ、ファイターになったみたいですが、貧しい暮らしを選ぶくらいならそっちの方がマシという感じでガンプラバトルに消極的でした。フラナ機関が貧乏を引き合いに出して、事実上脅迫してたのも不満の原因でしょうね。アニメ版の過去を描く漫画のビルドファイターズAではアイラの過去により踏み込んで描きそうですね。



 レイジとアイラのバトルは序盤はレイジが押されていたものの、アイラがとどめを刺す寸前にレイジの顔が浮かび、刺し損ねました。そして、キュべレイパピヨンがファンネルでとどめを刺そうとした時、バトル直前にチナから渡されたペンダントの宝石とレイジの腕輪の宝石とマシタが持ってた宝石が同時に光り、レイジとアイラはトランザムバーストみたいな感じで会話をしてました。会話を終えた後、アイラはフラナ機関とチームネメシスの出資者に反旗を翻しました。出資者の孫にも不満を感じていたみたいで要するに優勝したかったら、自分でガンプラを作って戦えと言いました。確かによくよく考えると、出資者の孫の考えは親に作ってもらったミニ四駆でレースに出場して、優勝しようとする子供みたいな発想ですね。その子もキララやニルスみたいな感じで考えを改め、ガンプラに興味を持ち始めるという展開を期待してますが、残念ながら、もうすぐ終わりという罠。もはやレイジとアイラのバトルはバトルではなく、子供のけんかになってしまってます。レイジが勝つものの、アイラの顔はすっきりしてました。




 レイジは行く当てが無くなったアイラにセイの家に居候(?)する事を提案しましたが、その場の勢いで本人の意思に関係なく勝手に話を進めるのもどうかと思います。つーか、マオ、ミサキとまだ仲直り出来てないんですか。
スポンサーサイト

テーマ:ガンダムビルドファイターズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。