白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムルチとファイヤーモンスの関係
当ブログ初のウルトラマンの考察です。開設3ケ月にしてようやくです。今回はムルチとファイヤーモンスの関係を考察しようと思います。ファイヤーモンスの鳴き声はムルチの物を流用したというスタッフ側の裏事情があります。それをこじつけられないかと思い至った次第でございます。


ムルチは水中での活動が得意な怪獣です。炎の力を持ち、超獣であるファイヤーモンスとは明らかに真逆です。それをどう解釈すればいいのか、困ってしまいます。


しかし、ヤプールが滅んで以降の超獣が巨大ヤプールの欠片がベースである事を考えれば、疑問は解消されます。元々超獣は地球の生物と宇宙怪獣を超獣製造機で掛け合わせて作られたとされるので、ファイヤー星人はヤプールが遺した超獣製造機を使って、ムルチと炎属性とヤプールの欠片を掛け合わせたのが、ファイヤーモンスであると考えることが出来ます。
もしかすると、超獣製造機が無くても、ヤプールの欠片があれば、後は対象物と合わせるだけで超獣を造れるのかもしれませんが。



ここでもう一つ推論を展開しますと、Wikipediaの記述によると劇中ではヤプールが作った超獣はヤプールが滅んだ後も生き残っている事が示唆されているというような台詞があるので、ファイヤーモンスはヤプール存命の頃に造られた超獣とも解釈できます。ファイヤー星人がヤプールの部下であったと仮定すると、ファイヤーモンスを従えて、ヤプールの敵討ちの為にエースやTACに挑んだという裏事情があったのかなぁと想像できます。


ムルチに炎属性を付与出来るファイヤー星人の技術は後にGUYSによって解析、洗練され、マケット怪獣を特定の属性をカスタマイズさせるGUYSタフブックに発展したと考えられます。


拙い所がありますが、最初から、いきなりうまくいく訳無いですので、これの反省点を生かして、今後の記事の参考にして行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:サブカル

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。