白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズ  第13話「バトルウェポン」
今回で折り返し地点に着きました。今回のお話はぶっ飛んでますね。ガンダムに野球をやらせるとか。セイとレイジの方もそれぞれ、異性関係が進展してますね。




 チナは親戚の家に厄介になる事でセイを応援に行けるようになりましたね。それだけセイの事が好きなんでしょうね。アイラも自分をかばって、怪我をしたレイジを心配してます。セイとレイジの異性関係の進展ぶりを見て、ラルは恥ずかしがってましたね。原典では嫁いたのですが、「ビルドファイターズ」ではハモンもしくはそれに相当するキャラが出ませんね。もしかして、この世界のラルは独身なのでしょうか。




 第3ピリオドは指定された武器以外使ってはならないルールですが、セイ&レイジVSルワン戦がとんでもない事になりました。前述したように野球で勝負する事になりました。台詞から察するにマシタの秘書のベイカーがやったのでしょうね。腕を痛めてたレイジにはきつかったようで、苦戦してました。3球目でスタービルドストライクの第3のシステムを使い、パワーを右腕に集中させて、剛速球を投げました。これにより、セイとレイジはルワンに勝ちました。ベイカーがマシモの問いかけに答えなかったのは、「会長に従うだけ」と言いつつも内心、マシモの大会を私物化する行為を許せなかったのでしょうね。アイラは医務室に向かうレイジを見て、彼が世界大会の出場者である事を知りました。レイジと当たった時、アイラは戸惑いそうですね。
スポンサーサイト

テーマ:ガンダムビルドファイターズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。