白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテのごとく    369話
結界を破り、部屋の中へと入ったハヤテだが、そこで見た物は幼少時代に開けようとしてアーたんに止められたあの黒い棺だった。怒涛の急展開を見せた前回ですが、今回はどのような展開を見せてくれるんでしょうか?世界観の中枢に迫りつつあります。ではあらすじどうぞ。



秘密の部屋で黒い棺を見つけたハヤテはアーたんと過ごした幼少時代を振り返りました。その直後、ちびアーたんがハヤテに棺の事を聞いてきました。ハヤテはちびアーたんが本来のアーたんとは別人である事を改めて実感しました。ハヤテはアーたんから言われた通りにロイヤルガーデンに関する事はシラを切りました。そして、ハヤテは棺を開けるかどうか悩みましたが、するとここで伊澄が開ける事を提案しました。それに従い、棺を開けましたが中身は入ってませんでした。伊澄は足元に落ちてあった破れた写真を拾いました。

すると、法仙夜空が現れました。伊澄は彼女にすかさず攻撃を仕掛けましたが、法仙夜空は札を受け止め、防御しました。法仙夜空は棺を燃やし、立ち去ろうとしますが、伊澄は怒りの表情で法仙夜空を睨みました。


法仙夜空が棺を燃やしたのは棺の中にあったと思われる、28代目の写真の切れ端を消しに来たと考えるのが妥当でしょうね。伊澄は写真の人間を知っている素振りを見せましたね。ハヤテが持っていた写真の片割れに僅かに移っている髪の毛から察するにこれに一番合致する人物はワタルの可能性が高いですね。伊澄もよく知っている人物ですしね。仮にそうであるなら、写真の老人は橘円京だと言う事になりますね。王玉を持っている事といい、ワタルが世界観の中枢に関わる可能性が高まりそうですね。法仙夜空とワタルの関係等新たな謎が出てきましたが、実際の所どうなんですかね?来週に期待です。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。