白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテのごとく        427話
ついに決着がつきました。勝敗はどうなったのでしょうか。




ネタバレ注意でお願いします。




 まあ一言で言うと、ルカは初めからわざと負けるつもりでいたという事なんです。ナギがルカのブースに同人誌がなくなってた時、自身の敗北を悟って、ルカに感謝をしたのですが、ナギはルールを勘違いしていて実は1冊でも多く売った方が勝ちというだけでした。そういって取り出したのは1冊のルカの同人誌なんですが、これは前述したように初めから負けるつもりでいた事が伺えます。というのも、机の上に出てた同人誌は実際は99冊しかない事と唯一のルールは一冊でも多く売った方が勝ちのみですからね。あまり練られてないルールを裏読みすると、ルールを曖昧にして、体よくわざと負けようとしていたと思われます。降参とかではナギのプライドを傷つけるだけなので、ルカはどうやっても自分が負けるようにして、勝負に挑んだと推測されます。



 アイドルとして生きていくと決意した後なので、この同人対決はルカにとっては悔いを晴らす為のものでしかなかったのでしょうね。ワタルの母親もカジノ勝負の時、情けをかけずに勝負すればワタル達を倒すのにそう時間はかからなかったはずなのに、勝利を先延ばしにし、その隙を突かれて敗北したのは、ワタルと一緒にいる覚悟がなかったからです。これは勝負の後、ワタルから悟られてます。今回のルカもワタルの母親と同様にナギからハヤテを奪う覚悟がなかったのかもしれないですね。というよりはどちらかというと伊澄に告白する時のワタルみたいに未来へと進むための過去の清算なのでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。