白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他の話題     「魔法先生ネギま」
続編の「UQ HOLDER」も連載してるので、ちょっとネギまについて語りたいと思います。私自身ネギまはあんまり読んでないのですが(連載当時、たまに目を通しただけ)、大雑把に作者の心理や作風を推察して行こうと思います。



 ネギまの連載開始当時はオタク向けのアニメや漫画が急増していく過渡期でしたので、その背景もあって、人気を伸ばしていったと言えます。かつてのラブひな同様アニメ化も果たし、最終的にはラブひな以上にメディアミックスも盛んになりました。



 ここまで書けば、紛れもない人気作に見えますが、実写化された2007年頃から失速して行ったのではないかと思います。実写版もアニメ版を知ってるファンから叩かれてましたからね。この頃になるとアニメと漫画は男を主人公に据え、多人数の女の子に囲まれるギャルゲー的なものから恋愛対象になり得そうな男を排除し、女の子同士の日常を描いたものが主流を占めるようになりました。結果的に前者にあたるネギまは時流に取り残されました。その上、伏線も膨れ上がり、「伏線を全て回収すると100巻越えは不可避」みたいな感じになり、作者としては袋小路に迷い込み、何をやってるのかわからなくなったんでしょうね。



 そうなると一旦終わらせて、残された伏線は続編に持ち越しという方法を取らざるを得ないのでしょう。原作に先駆けて完結を描いた劇場版ネギまですが、実際に原作は劇場版と何ら繋がらないラストでした。膨れ上がった物語を収束させるには仮面ライダー龍騎のようなエンディングが複数存在する手法が一番の落とし所なんでしょうね。赤松健先生は自身の作品でライダーネタを所々描くので、これぐらい抵抗なかったのでしょうね。



 続編の「UQ HOLDER」はネギまから繋がってるというには少しおかしい点が見受けられるので(エヴァンジェリンがラストで言った「わずかな勇気が本当の魔法」を自身が否定してる旨の台詞とネギと結ばれてると思われる明日菜の墓がネギの墓の横にない等)前述の数あるネギまのエンディングの1つの物語と考えた方がよさそうです。もしかしたら、明日菜が100年の眠りから覚めた後、100年の眠りに就く直前の時代にワープしなかったのが、「UQ HOLDER」の世界観なのでしょうね。まだ時期早尚ですけど。
スポンサーサイト

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/28 (土) 14:20:16 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。