白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワタルはナギを好きになる可能性は有り得たのか?
ワタルとナギは許婚同士でありましたが、互いにその気がなかった為、有名無実化してしまった節があります。婚約がどうなったのかは、またの機会に考察するとして今回はタイトルの通り、ワタルがナギの事を好きになる余地はあったのかを考えて行きたいと思います。



まず、ワタルの方ですが、彼は母親が自分に無関心であった事と年上の女性に好かれる事から異性に「母親」を求めている事が分かります。それに対し、ナギは父親が物心つく頃に死去している事とハヤテが父親に容姿が酷似している事から、ワタルとは逆に「父親」を求めています。彼女がハヤテに惹かれたのは亡き父の面影を無意識に感じているからという事になります。女性というのは幼い頃に離婚や死別で父親と別れると父親代わりとなる男性(年上男性)を恋愛対象にする傾向にあります。ハヤテは年上で頼りになるだけではなく、顔もよく覚えてない父親に顔がそっくりな為、ナギがハヤテに恋愛感情を抱くのは当然だったと言えます。

年上女性を求めているワタルがなぜ同い年の伊澄を好きになるのかという疑問ですが、頼りになる所(強く、優しく、美しいの3大要素)が母親を感じさせるからだと考えられます。咲夜を意識するのは姉貴的な部分が母性を感じていたのかもしれません。しかし、最終的には彼は伊澄との青春ではなく、サキと共に実家の再興を目指すという未来を選びました。実家の再興という夢を共有出来るのはどちらかという観点で考えるとサキの方に軍杯が上がるでしょうね。伊澄だとワタルは鷺ノ宮家の婿養子にならないといけなさそうですし、サキとの仲がギクシャクして、実家は没落してしまうのは目に見えます。


要するにワタルとナギは境遇や将来設計等が根本から違う為、お互いが相思相愛になる余地が見当たらないんですよね。ナギがワタルに対する認識は「弟」ですから、この時点でワタルに父性を一切感じなかったんでしょうね。もっとも、ワタルもナギに母性を感じなかったと思いますが。何かが違えば、ワタルはナギの事を好きになるかも知れないですね。実際、台湾ドラマ版ではワタルはナギに片思いしていますからね。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ワタルとナギは許婚同士でありましたが、互いにその気がなかった為、有名無実化してしまった節があります。婚約がどうなったのかは、またの機会に考察するとして今回はタイトルの通...
2012/07/02(月) 10:28:41 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。