白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他の話題    「学校のいじめについて」
今回はこのブログでは初のかなり重めなテーマで攻めます。学校以外の場所にもいじめはあるのですが、今回は敢えて、学校のいじめを取り上げます。私自身にとって、義務教育での経験はほぼいじめの歴史でした。近年、学校のいじめが社会問題化してます。不登校や自殺が確認されるほどの悲惨なものです。今思うといじめを誘発しているのは人間の精神的な根源の問題と学校の体質の問題にあるのではないかと思い至りました。




 まず、人間の精神的な根源の問題という視点で見た場合、いじめを引き起こす原因は大別すると嫉妬、優越感の2つが主に挙げられますね。1つ目の嫉妬ですが、例えば、自分より能力の高い人間がいて、その人が自分よりも優れてる事自体が面白くなく、それを妬んでいじめるというケースですね。これは普通に考えれば自分よりも能力が高い人がいるのは当然の事です。出来た人間だったら、ここで、良きライバルとして互いを高め合う関係になるという発想になるはずですが、現実にはそれが出来ないから、その人を精神的に折れさせ、脱落させるという一種のネガティブキャンペーンをしてしまうんですね。競争相手は少なければ少ないほどいいというのは確かに楽ですが、本当に競争相手をどんどん潰すのが幸せなのでしょうか、学業成績でしか、自分の存在意義を見出せないのなら、その発想を変えた方がいいと私は思います。でないと、ライバルをフェードアウトさせるいじめがいつまでも繰り返されます。
2つ目は優越感ですね。これは例えば、容姿や前述で述べたような能力の優劣等から来るものです。顔がブスだからとか、落ちこぼれだからとかといった理由で相手を攻撃し、自分が勝ったという思い上がりが心を支配し、いじめがひどくなるというケースです。これは人間という存在が1人1人違いのある生き物なので、それを理解してない事からなのだと思います。人種差別や男女差別などはその典型ですね。自分と同じ人間しかいないという事は鏡の中に映った自分を見てるに等しく、進歩がないです。、人の心理としては、お互い違う人間同士だといがみ合いが起きるから嵐はなるべく起きない方がいいという理屈は分かりますが、その先に得られるものはあるのかと言いたいです。



 極論他人を蹴落とす事が前提となる成果主義という大人の世界が少年少女の世界にも伝染してるのかなという気がします。別の視点で見るといじめを誘発してるのは、大人の汚い部分を子供が敏感に感じ取り、それに支配されたからとも思えますね。事実、大人の汚い部分というのは増税を推し進める政治家達なんかが端的にそれを現してます。何で子供は大人の悪い部分を真似したがるのか、理解に苦しみます。



 学校の体質の問題で考えた場合、学校の規律が今の時代と前述の人間の精神的な根源の問題と合わない事と考えます。学校は今も相変わらず、学力を上げる事しか頭にありません。ただ単に学力を上げるだけなら、塾と家庭教師で事足ります。なので、学校の1番の役割は学力よりも人間力を底上げするべきなんです。学力向上に力を使うより人間力を磨かせる教育をした方が今のストレス社会に合ってるのではと思います。「学校は勉強をする所」というのが良い意味でも悪い意味でも今も根付いてて、ステレオタイプな教師が今の子供の心理を理解できない為、馬鹿のひとつ覚えみたいに「勉強に必要ない物を持ってくるな」とかいまだに言い出す始末。つまり、漫画・ゲーム・玩具・おしゃれ・流行曲等といった子供が好む娯楽は学校の外にしかない為、規律でガチガチに固められた学校ではいじめが娯楽代わりになってる側面があるという事なんです。確かに実際問題、集団生活や秩序は大事ですが、それは個々の幸せという音色を奏でられて、初めて成立するものだと私は思います。
今考えるとおジャ魔女どれみのOPの「毎日が日曜日」「学校の中に遊園地」「ヤな宿題は全部ゴミ箱に捨てちゃえ」という歌詞は学校の堅苦しさを現してるのかなという穿った見方をついしてしまいます。その堅苦しさを発散させるかのように学校でいじめが起こると仮定すると、ガス抜きの為に学校に漫画・ゲーム・玩具の持ち込みを容認すべきなのです。流行のホビーやゲームで遊びたいという子供の心理を分かろうとしない時代遅れな教師もいじめのなくならない原因だと思うのです。



 纏めるとお互いの立場を完全に理解し、お互いをリスペクトしあう事がいじめをなくす切り札になるという事です。この当たり前のことをわかってないのは悲しいです。秩序や学力以前にもっと大事な事に教師は目を向けるべきです。ルールを守るだけが偉い訳ではないのです。社会のルールを守っても人間としてのルールが守られなければ、本末転倒です。
スポンサーサイト

テーマ:いじめ - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。