白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテのごとく       366話
今週はルカのマネージャーである集が事実上の主役っぽいお話ですね。カユラの両親についても触れられます。そして、2週間という時間でルカはどのような答えを出すのでしょうか?
それではあらすじ行ってみましょう。


ルカは仕事を飛ばしてしまった事に悩んでいました。借金を返すためにはアイドルを続けるしかない、しかし本来好きでもない事をやる事に抵抗を感じていました。そこでルカは漫画が売れれば、借金は返せると思った矢先にカユラがルカの前に現れました。ルカの甘い考えを見透かしていたのかカユラは自分の両親の事を話しました。カユラの両親は漫画家を目指して北海道から上京してきましたが、結局、夢破れ北海道に戻ってきました。カユラは漫画家もアイドルと同じで簡単にいかないと言い放ちました。それを聞いたルカはムキになり、反論しますが、しかし反論したところで、仕事を飛ばした事実は変わりません。


一方、集はルカが家出をする事は想定の内だったようで、体調不良で2週間入院というシナリオを用意していました。ルカの心はコントロールしてみせると息巻いていました。

その頃ハヤテはルカに頼まれて、マンションにある荷物を運ぼうとしますが、部屋に入った直後に集がそこにいました。集はハヤテの事を調べており、親戚でもなければ、女の子でもない、女装マニアと突き止めました(笑)冗談はともかく、ハヤテが部屋に来る事は予想できたようで、ハヤテにお願いをしました。2週間の間ルカを匿って欲しいと、漫画家の夢を諦めてもらうまでの間。夢を見る権利すら与えない事務所にハヤテは反論しますが、ルカの借金を聞いて、唖然としました。集はルカへの想い吐露しながら泣き出しました。

その一方、神父は外からアパートを見て物置の気配の正体に感づき始めた所で来週に続きます。


今週のキーポイントは集の涙の意味と物置の気配ですね。集の過去に関係しているかもしれませんね。それについては来週以降になりそうですが、一番重要なのは、物置の気配の正体ですね。アーたんが修行という口実で住んでいる事にも密接に関係ありそうですね。あと、ルカは2週間で答えを出せるのか?それも見所です。このシリーズは色々な人物の視点で物語が紡がれるので、生徒会3人娘や霞愛歌も出てきて欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
今週はルカのマネージャーである集が事実上の主役っぽいお話ですね。カユラの両親についても触れられます。そして、2週間という時間でルカはどのような答えを出すのでしょうか?そ...
2012/06/22(金) 18:22:05 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。