白皇学院裏生徒会
拙いながらもハヤテのごとくやウルトラマンシリーズの設定考察をメインに展開するブログです。ちなみに当ブログはリンクフリーです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他の話題    仮面ライダーディケイド
今更ディケイドについて語りますが、仮面ライダーは今、脂が乗ってるからこそ改めて語りたいなと思います。
ディケイドの問題点を改めて整理し、考えてみようかと思います。




 ディケイドはクウガ~キバまでの平成ライダーが出てくる事が売りでしたが、その過去ライダーの変身前を演じる役者さんは原典の方ではなく、全く別の人でした。これが一部のファンには心残りでした。私もその一人です。原典とは別人及び別世界という設定はどう見ても苦肉の策にしか見えませんね。元の役者さんが引退や死去でもない限り、何らかの形で元の人を使って欲しかったですね。ブレイドやキバやRXは元の役者さんを使ってるのを見ると若干頑張ってるのは感じますけど。東映は自分の所のキャラクターのイメージをどう感じているのでしょうか。東映とファンのイメージのずれがディケイドの評価に影響した側面はあったのかなと思います。東映はディケイドで堪えたからゴーカイジャーでは先輩戦士は元の役者さんを使うように心がけていたのでしょうね。



 後半には昭和ライダーも出てきますが、これは取ってつけたかのような印象しか残りません。蛇足の感じが否めませんから。これをする位なら、初めから「今までの平成ライダーが出てくる」ではなく、「全てのライダーが出てくる」という風にしておけばよかったんです。新しいのをやるタイミングをスーパー戦隊とずらすという大人の事情の為に作られただけに作品としては犠牲になった部分はあったと言えます。




 ウルトラマンシリーズでは変身前の人を何が何でも元の役者さんを使うという気合を感じますが、これが簡単なようで難しいというのを感じます。
スポンサーサイト

テーマ:平成仮面ライダー - ジャンル:サブカル

コメント
コメント
どうも僕のブログに訪問&コメントどうもありがとうございました!
リンクいたしましたので、これからもどうぞよろしくお願いします!

仮面ライダーの俳優さんはすごく売れてしまった方が多いですからね~
特に佐藤健とか、水嶋ヒロとか・・・
彼らはもう仮面ライダーには出てくれないかもしれませんが、せめて関連キャストの一人くらいは各ワールドに出してほしかったですね。

2013/06/29 (土) 01:16:19 | URL | ベル #J/OcTIko[ 編集 ]
>ベルさん
こちらこそよろしくお願いします。


聖闘士星矢も原作者がOVA「冥王ハーデス冥界編」で星矢以外の主役メンバーの声優を入れ替えを提案したら、星矢役の古谷徹さんが反発し、原作者が考えを断固として変えなかったから、徹ちゃんが星矢役を降りて、仕方なく主役5人の声優を総入れ替えしたらそれに不満を持ったファンが署名活動をする領域に発展しましたね。形は違えど、オリジナルキャストの偉大さと影響力を伺える出来事であると証明されましたね。
東映は出演者や配役を下手に変えると大騒ぎになるのを星矢で学ぶべきだったんです。熱さ喉元過ぎればという態度だからディケイドのあのキャスティングで行ったんですね。まぁゴーカイジャーを見て、東映もディケイドで反省したんだなと感じました。
2013/06/29 (土) 22:05:37 | URL | ぎがれんじゃー #-[ 編集 ]
どうも、こんばんはです。
遅ればせながら、以前は当方のブログと相互リンクして頂きありがとうございました。

ところで、聖闘士星矢のOVAについてですが、噂によるとあの署名活動にまで発展した騒ぎは、結果的に星矢OVAに対するアニメファンたちの関心が集まって東映にとっては「美味しかった」という話も聞きます。

ディケイドも賛否両論ありましょうが、結果的に商業的な大成功を収めて(それこそ商魂たくまし過ぎる内容の最終回がBPOからお叱りを受ける程で)
更にゴーカイジャーで、ディケイドで一定のフラストレーションの溜まった特撮ファンの溜飲を下ろすようなサービスを見せまくり、これまた大成功を収めた訳ですから、
もしかすると東映としてはファンが不満を持つ事も含めて「美味しかった」のではないでしょうか?
2013/07/02 (火) 23:43:07 | URL | レバニラ #LkZag.iM[ 編集 ]
>レバニラさん
いいですよ~


星矢の声優問題が東映にとって「美味しかった」という噂が本当なら、オメガが生まれた原動力があの騒動なのかも知れませんね。マイスの売り上げにも貢献したんじゃないかと推測してます。
ディケイドが元の役者さんを使わなかったから、ゴーカイジャーも最初は期待できなかった、と思ったら、元の役者さんを使ってくれた事で東映は反省してくれたんだなというような事は想像出来そうですね。
2013/07/03 (水) 20:38:51 | URL | ぎがれんじゃー #-[ 編集 ]
お初にお目にかかります
今晩は、初めてコメントします。

ディケイド・ゴーカイジャー・メビウス以降のウルトラシリーズ…
と、別シリーズの作品で過去のヒーローたちが集合する映像作品が増えてきましたね。
そんな中、上記3つの中で失敗作と言われても仕方ないのがディケイドと言う作品。

皆さんが言われているように東映がディケイドでの失敗から学んだというのも正しいかもしれません。
しかしながら、ライダーと戦隊では根本的にスタッフが違います。
脚本家など一部が重なる場合もありますが、基本的に自分たちの作ってきた作品に対する思い入れの度合いが天と地の差ほどあります。

ウルトラシリーズがいい例で、円谷プロでは1つの作品が終了した時、その時演じた役者さんにプロップを贈呈するのだそうです(例として、『ダイナ』のアスカを演じたつるの氏には作中で着た衣装と『リーフラッシャー』を)。
これは、そのキャラにはこの役者しかいない…そうでなければ作品が成り立たない…と言うレベルの思い入れで制作しているからではないでしょうか?

同じ東映であるゴーカイジャーがディケイドでの失敗を意識していたというのもあるでしょうが、ライダースタッフの思い入れの無さは『スーパーヒーロー大戦』の完成度でもわかってもらえるはずです。

あの作品のメインスタッフが戦隊側だったなら、もっと違った物になっていたかもしれません。


長くなってしまい、申し訳ありませんでした。
2013/07/08 (月) 01:57:13 | URL | らいら野おるふぇ #-[ 編集 ]
>らいら野おるふぇさん

初めまして、ぎがれんじゃーです。

ウルトラマンシリーズは何が何でも元の役者さんを使おうというを感じるんですけど、ライダーにはそういうこだわりがないんですね。話は変わりますが、ウルトラマンメビウスのような感じで明確に昭和ライダーと世界観の繋がりがある平成ライダーは無理でしょうね。というのも、昭和ライダーの役者さんは引退してたり、死去している人がいますので。

ゴーカイジャーはギンガマン編でギンガレッドがきちんと元の人を使っていた事に関して、引退していた事を後から知った時はよく出れたなと驚嘆しました。やれば出来るのだからディケイドもこのくらいやって欲しかったですね。


聖闘士星矢は「冥王ハーデス冥界編」で主役5人とアテナの声優が変わったきっかけは原作者の車田正美氏がアンドロメダ瞬役の堀川りょうさんの声が映画「天界編」のアフレコの時点で衰えたと感じたからでした。そこから話が大きくなり、星矢以外の声優を変えようという結論に至り、それに徹ちゃんが不満を感じ、星矢を降りたのは有名な話です。ざっくり言うと車田氏は自分のイメージに合えば、演じる声優は誰でもよかったというのが、透けて見えます。

東映はこういう悪しき前例があるにも関わらず、ディケイドで同じような事をやってしまうあたり、学習能力を当時を振り返って疑いました。
2013/07/08 (月) 11:18:27 | URL | ぎがれんじゃー #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 白皇学院裏生徒会 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。